初心者が水草水槽で暴走したりするブログ 30Cと60H
by atiocubic
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
アクアリンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
梅っー酒!
from クログ水草水槽
熱帯魚と水草
from ペットの飼育 ペットとの生活
熱帯魚用の水槽の種類と選び方
from ペットの飼育 ペットとの生活
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
ステン配管の夕べ
ガラスやステンレス。
すごく、ソリッドです…。
そんなソリッド感が大好きなアティオです。
c0095824_22533220.jpg




メンテのこととか、目立ちすぎるんじゃないかとか
色々考えましたが、メタハラのスタンドもステンなので
今回思い切ってステン配管にしてみました。
参考にさせていただいたのは
Stylish AquaさんとFactory Style Aquaさんです。
c0095824_22561215.jpg

吸水はメタルジェットなのでオールステン
排水はリリィなのでステン+ガラスでとてもソリッド。

メンテのし易さはやはりホースには勝てませんが
思ったよりは融通が利きます。

ここのホース取り入れ口の上下分くらいなら
問題なく可動しますし、10cmくらいなら
外に引っ張り出しても大丈夫です。
c0095824_22565596.jpg

こちらステンパイプを支えるキスゴム。
c0095824_22573522.jpg

38brainさんのOFPの記事にあったfactory-styleさんの
アイデアを参考にさせていただき採用しました。
これでパイプが均一幅で保たれています。
パイプクリップなので上下の際はキスゴムを
はずさなくてもスライドでオッケーです。

一部省略していますが、取り出してみると
こんな感じで配管されています。
c0095824_2258654.jpg

てんとう虫も喜んでいるようです。

配管自体はホームセンターで購入したステンパイプ外径13φ/1.8mと
ADAのエルボーパイプを内径12φ/外径16φの透明ホースで
つないでいる形です。いまのところ水漏れもありません。

もし実際に配管される際はステン巻きパイプではなく
オールステンパイプを使用した方が良いと思います。
前者は鉄パイプにステンを巻き付けてあるものなので
きっとすぐにサビると思います。
c0095824_22584792.jpg

ちなみに近所のコーナンではステン巻きしか無く
一度配管後に気がつき、翌日よそで買ったオールステンに交換しました。
お願いなので「ステンパイプコーナー」とか紛らわしくなく
ちゃんと「ステン巻き(中身は鉄パイプだよ)パイプコーナー」と
正確に表示してもらいたいものです。
あとパイプカッターで切断した切り口は結構鋭利なので
手のひらでねじりながら押し込んだりすると丸形に皮が切り取られます。
っていうか、切り取られました。浅く。
作業をされる際は十分に注意して作業してくださいね。
40Lの換水にもやっと慣れてきました。
でも筋肉痛です。
[PR]
by atiocubic | 2007-05-10 23:01 | 器具
<< 60Hの1週間 大間違いだ! >>