初心者が水草水槽で暴走したりするブログ 30Cと60H
by atiocubic
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
アクアリンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
梅っー酒!
from クログ水草水槽
熱帯魚と水草
from ペットの飼育 ペットとの生活
熱帯魚用の水槽の種類と選び方
from ペットの飼育 ペットとの生活
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
棒状ブラザーズ
久々の生体のお話。
60Hにはバラエティ豊かにお魚を泳がせたいアティオです。
c0095824_22401932.jpg




前々回の30Cのラストに紹介した
棒状兄弟(M)と(L)とは
この人達
c0095824_22465662.jpg

c0095824_22431532.jpg

2枚目がブレブレボケボケかつアマゾンフロッグビットの根っこでが邪魔ですが
ニジイロボウズハゼです。

60H立ち上げ前によく行くショップで
ナンヨウボウズハゼfrom沖縄を発見して
すごく悩んだんです。
ショップに行く度に30分位眺めていたんです。
そのナンヨウボウズハゼ夫妻、私にとっては
結構ためらう価格設定で、ペアで樋口一葉と野口英世のカップルが
サイフから飛び出すお値段でした。

でもやっぱりどうしても欲しくて、
猛烈ダッシュ(車)でショップにお迎えに行ったら
2匹ともいませんでした。orz
売れてしまったのか、
はたまた白くなってひっくり返ってしまったのか…

そうなると、もうどうしても諦めきれなくて
探し回って、でもいなくて、結局わりと手に入りやすい
ニジイロボウズハゼをお迎えしたという経緯があるので
非常に待ちこがれたお魚なんです。

ナンヨウボウズハゼに恋いこがれているときに
odkのお馬鹿ブログのodk_odkさんが紹介されていたとおり
オトシンのようにガラス面にくっついたり
コリドラスのように砂をモフモフしたり
流木にダラリとのっかってみたり
とても愛嬌のあるお魚なんですが…

さすがにハゼだけあって、テリトリー意識が非常に強い。
30Cという極小の空間に2匹もオスが居ると
強者が弱者を淘汰してしまいます。
おかげでガリガリにやせ細った弟(L)…
急遽60Hに隔離しました。
c0095824_22445142.jpg

それにより30Cにいたときは死体色だった弟(L)もここまで
色が出て来て一息ついているところなんです。

さらに問題は続きます。
30Cの方に在住の兄(M)は
乾燥餌、冷凍ブライン、コリドラスタブレット、冷凍赤虫
の4種を与えてみたところ、猛烈な勢いで赤虫を食べています。
この人達、本来はコケとかコケ周辺の微生物を食べているという
非常にベジタリアンな方なはずなんですが、
もうガツガツと赤虫をほおばってます。
それにつられてオトシンも赤虫を…。
オトシンは底床を田砂に変更してからコリドラス・ハスタトゥスとともに
底物のように底床のみで生活をしていたので
赤虫もおいしくいただけるのかもしれませんが、なんとなくイメージじゃありません。
c0095824_2241718.jpg

それの真反対にあたるのが弟(L)なんですが
30Cで兄に威嚇され続けたせいか
冷凍ブライン、冷凍赤虫、どちらをあげても
フゴフゴするだけで吐き出しています。
ほんのり白くてガリガリだと、なんだか…、
もうとっても不安満載なんです。

今朝ブラインシュリンプの卵をわかし始めたので
明日たべてくれるかどうか…。
頑張って欲しいものです。

ちなみにこの兄弟、私の中では
ヒゲの生えた赤と緑のオヤジのイメージです。
fromインドネシアですが脳内イメージではイタリアンです。
でもキノコ類はどちらも食べないと思います。
がんばれ弟(L)!
[PR]
by atiocubic | 2007-05-26 22:53 | 生体
<< ブライン祭 60Hの3週間 >>