初心者が水草水槽で暴走したりするブログ 30Cと60H
by atiocubic
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
アクアリンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
梅っー酒!
from クログ水草水槽
熱帯魚と水草
from ペットの飼育 ペットとの生活
熱帯魚用の水槽の種類と選び方
from ペットの飼育 ペットとの生活
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
カテゴリ:生体( 12 )
棒状ブラザーズ
久々の生体のお話。
60Hにはバラエティ豊かにお魚を泳がせたいアティオです。
c0095824_22401932.jpg


30Cにお迎えした棒状兄弟のお話…
[PR]
by atiocubic | 2007-05-26 22:53 | 生体
コリドラス・ハスタトゥスの繁殖
上司が後ろの席でゴソゴソしているにもかかわらず、
オフィスから更新です。
打ち合わせ時以外内勤ほぼPCでの作業80%という環境かつ
パーテーションで仕切られているデスクだからできる荒技です。

12月後半からはじまったハスタの繁殖。
しかしながら繁忙期と重なってしまいろくに世話もできず、
稚魚を見つけては茶漉しのベビーベッドに移すことしかできませんでした。
今現在繁殖行動も見られなくなってきたのでその経過報告を…。
c0095824_1831097.jpg

(1月12日撮影)
正確には覚えていませんがこのくらいのサイズの稚魚を20匹ほど
茶漉しの中で育てていました。
しかしながら茶漉しが転覆して1回挫折。
ミナミヌマエビが侵入して2回挫折。
換水できずミドロ発生で3回挫折。
そしてとどめに嫁がミスって稚魚放出後茶漉し飼育を断念しました。
常時エアレーションをしていれば多少は水のよどみも無くなるのですが
CO2を添加している為そこまで踏み切れませんでした。
しかし!
断念直後に成長した稚魚が…
c0095824_18313047.jpg

(2月12日撮影)
いやー、奇跡って本当に有るんだな−って思いました。
このくらいのサイズの時はまだ茶色ですが模様も少し確認できます。
動きもコリそのもので水槽壁面にはもう吸い付きません。
餌は何を食べていたのか不思議ですが
ブラインシュリンプエッグを水槽内にも多少多めにまいたりしていたので
それが良かったのかもしれません。
そこから空白の1ヶ月後…
c0095824_18315774.jpg

(3月13日撮影)
立派にハスタになりました。
模様もちゃんとハスタですがサイズはまだ1.5cm位です。
コリタブにも興味を示しています。
最近少しずつ親魚達と群れるようになりました。
とまあ、こんな感じで奇跡的に1匹成長しております。
私にはブリーディングは向いていないと実感もしましたが
いま興味が有るのはアピストやらラミレジィやら繁殖が
面白そうなドワーフシクリッドだったりします。

やはり、自分の水槽の中で命の営みが受け継がれて行くことは
神秘や感動にあふれていますね〜。
と、のんびりしていたら…
c0095824_18322918.jpg

またですか?
また水槽壁面やらクリプトの葉っぱやらに卵が産みつけられています。
う〜んどうしよう?
新規立ち上げ準備もあるし今回は隔離飼育はあきらめようかしら…。
[PR]
by atiocubic | 2007-03-14 18:36 | 生体
稚魚その後
稚魚を発見してから、まず隔離しようと思い
水槽増設も考えましたが増設はじっくり腰を据えて
嫁に交渉してからでないと妥協してしまいそうなので
とりあえず水槽内に隔離スペースを作りました。
c0095824_21433858.jpg

説明の必要も無い茶こしを発砲スチロールで浮かせたものです。
さあ、ベビーベッドも用意したよ!
みんな〜でておいで〜。
と、幼児番組ばりにあたりを探してみても一向に稚魚は出てきませんでした。
もしや遅すぎた…?と思ったのが昨日のお話です。
稚魚はやはり見つかりませんでしたが水槽壁面にこんなものが
c0095824_21455194.jpg

たまご発見!これともう一つ見つけたのでそっと茶こしに移しておきました。
ちゃんと孵化してくれれば良いのですが…。
お〜い稚魚や〜い、でておいで〜(涙)。

換水:1/3
pH:未測定
亜硝酸:未測定
[PR]
by atiocubic | 2007-01-07 21:47 | 生体
ベビーラッシュ!
正月気分が抜けきらぬまま今日から出社してきました。
久々にデスクに向かうとやる気と飽きが絶妙なバランスで
からみあいどうにも仕事がはかどりませんでした。

昨日の記事で稚エビが見つからないと書きましたが
本日ロタラのトリミングについて考えながら水槽を
ぼんやりと眺めていると…
c0095824_23154152.jpg

いました、稚エビ!よ〜く目をこらして見てみると
そこら中に、それこそ20匹くらいはいました…。
この人たちがすべて成体になると…大変です。
さらに他の3匹が抱卵しているので…
そこそこでストップしてもらいたいものです。

稚エビを観察していると何やら見慣れないものが、
c0095824_2318930.jpg

なんじゃこりゃ?
でもどこかで見たことが…。
これはもしかしてcube60さんのブログで見た(現在休養されています)
ハスタの稚魚では?
確認できるものだけで10匹くらいいました。
さてどうしよう、明日からまた仕事の山なのに…。

換水:無し
pH:未測定
亜硝酸:未測定
[PR]
by atiocubic | 2007-01-04 23:22 | 生体
コリドラス・ハスタトゥスをお迎えした!
ブリたち投入から1週間。
4匹のブリたちは水槽にもなじんできたらしく
楽しそうにおよいでます。(私の主観ですが)

しかしながら4匹ではさすがに寂しいため
新たなタンクメイトを探しにショップへ。
以前から悩んでいましたが
ソイル底床水草水槽でのコリドラスの飼育。
あまり推奨されない組み合わせだけど、
熱帯魚に興味を持つきっかけとなった
コリドラスをどうしてもお迎えしたく、
ピグミーorハスタorコチュイの極小コリ3種から
選ぶことにしました。

このサイズならわずかながらの田砂スペースで
なんとか健康的に生きていけるかな〜と淡い期待を
込めてお連れしました。
まあ、これで問題があったら嫁に対して
コリ水槽を立ち上げる口実ができるのでチャンスかも。
コリドラス・ハスタトゥス(@水合わせ中)
c0095824_23244825.jpg

近づいてヒゲを確認しないとコリだと気づきにくい容姿、
シルバーにしっぽの付け根のチャームポイント、
これはかわいい!とにやにやしながら水合わせすること5時間。
水合わせ中にブリたちが物珍しそうによってきています。
c0095824_23251012.jpg

オトシンがいやし担当だとすれば
ハスタは何だろう?
この中層をフニフニと漂うかわいらしい動きは
やはり“萌え”というものでしょうか。
c0095824_23253047.jpg

我が家のいやし担当は新顔が現れると
まず隅っこに避難し様子を見ています。
c0095824_23303535.jpg

そして、消灯後大暴れでまさに自分が主かのように
泳ぎ回ったあげくコンブゾーンへと帰っていきます。
たくましいのは何よりですがさすがに4cmくらいある
オトシンが1.5〜2cm強のブリやハスタを追い回すと
シャレになってない気がするので少しおとなしくしておくれ。

換水:1/4(ハスタ投入前)
pH:6.5
亜硝酸:検出されず
追肥:無し
[PR]
by atiocubic | 2006-12-11 23:45 | 生体
白い粉に逃げる
クックックッ…
c0095824_2315503.jpg

ああ…、ここまで堕ちてしまったのか…私。

ブリジッタエをお迎えして2日立った今日の夜
水槽の片隅で1匹お亡くなりになってました。
亜硝酸はでておらず、また水の匂いもいつもとかわらないため
原因がよくわからないけど、多分水合わせに失敗したと思われます。
投入2日目で死なせてしまった悲しさから白い粉に逃げる訳では
ありませんが…。
もの凄く短い間だったけどありがとう。
残りのブリたちが心配です。

へこんでばかりはいられないので
割とまともなこの画像を。
c0095824_23213513.jpg

結構きれいに撮れました!
携帯のカメラなんですけどねorz…。
頑張ってちゃんとした写真撮れるようにならないと…。

換水:1/3
pH:6.5
亜硝酸:未検出
ブリ:色が薄くなった気が…
[PR]
by atiocubic | 2006-12-05 23:24 | 生体
新しいタンクメイト!
いつまでもエビとオトシンを眺めていても
水景に華が出る訳でも無く
小型美魚探しの旅にでてきました。

旅といっても車で30分程度の所にある
アクアショップめぐりです。

まだ決めていないと言いつつも
暖色系で、極小の魚で、温和な性格で、人工餌を食べる
というある程度間口の狭い選択肢なので多少は魚種を絞ってました。

考えていたものは
ディープレッドホタルテトラ、ボララスマキュラータ、ミクロラスボラsp.HANABI
あたりの小型で美しい魚。
しかしながら近所のショップではコリドラスは選び放題ですが
小型美魚といったらネオンテトラとかカージナルをイチオシしてくる感じです。
ちなみに今回行った何件かのショップを含め、まともに水草を売っている所はなく
ちょっと変わったものを買おうと思ったらウェブを利用するしかありません。

いつもと違うショップ(県内では魚種が一番豊富)はさすがに
魚たちの品揃えが多く上述の魚たちはすべていたものの

ディープレッド:調子が悪く薬浴中いま売るわけにはいかないと言われ
ボララスマキュラータ:色薄すぎ(飼い込めば色は揚がりそうですが)
HANABI:はじめて現物を見ることができたもののすべて売約済み&1匹800円なので覚悟がいる

ということで一番欲しかったディープレッドをはじめことごとく買えず…。
しかし、病魚や調子の悪い魚を販売拒否してくれるお店なので
私としては良いショップだと思いました。
そんななか、ヤ○ザ風の客2人につかまりっぱなしの店員さんを待つ間
店内をうろうろしていると、感動の出会いが!
c0095824_2044368.jpg

(水合わせ中)
ボララス・ブリジッタエ!
低い水槽にビーシュリンプとともに混泳しており
はじめは気がつかなかったもののじっとりと見いってしまいました。
マキュラータより赤く、そして超小型!
はい即決。
徐々に生体を増やしていくつもりなので
今回はまず5匹お迎えしました。
ミナミヌマエビをお迎えしたときは
バケツの中に点滴式で水合わせをし、予備のヒーターが無く
温度合わせに大失態を晒してしまいました。
全員生存していることがせめてもの救いです。
今回は発想をかえて
c0095824_20461440.jpg

水槽内で点滴式です。
これなら冬でも追加ヒーターなしで水温を保ちながら
ゆっくりぼんやり水合わせできます。
チキンハートな私はほぼつきっきりで、ぼんやりと言う訳でも無かったですが
途中袋の中の水を1/3位捨てること3回、ほぼ水槽内の水に入れ替わった
約3時間後、水槽内に放ちました。
pHはショップ、家ともに6.5だったのでこんなもんでしょうか。
ちなみにテトラのテストペーパー、測定間隔が0.5刻み。
これって6.0と6.5の間が10%近く開いているのがなんだかな〜(阿藤快風に)。
もともとあまり正確な測定ができないことは知っていましたがどうにも不安です。
ちなみに貧乏性な私は試験紙を使うときはもちろん縦に2〜3分割です。
c0095824_20463874.jpg

みんな元気にほんわか泳いでいます。
やはり魚が入ると全然違いますね〜!
少し離れると何も見えませんが…。
c0095824_2047268.jpg

何度も接写を試みるものの、
スイッ、スイッと泳ぐものでどうやっても
この体長さ1センチ前後の魚をきれいに写真に捕らえることができませんでした。
旧型コンパクトデジカメの宿命か、そもそもピントがあわないんですけどね…。
この美しくかわいらしい姿をお伝えできる日は来るのでしょうか…。
本格的にデジタル一眼レフカメラが欲しくなりました。
へっぽこな写真ばかりのせるのも恥ずかしいので、
そろそろ本格的に写真も勉強しなくては。
さあみんな元気に育っておくれ。

換水:無し
pH:6.5
亜硝酸:未検出
[PR]
by atiocubic | 2006-12-04 20:55 | 生体
ミナミヌマエビが抱卵した!
いつものようにオトシンとエビたちをぼんやり眺めていると
いつもと違う動きをしているエビを嫁が発見しました。
なんだかお腹のあたりが黒いぞ?と
角度をかえてみてみると
c0095824_2313773.jpg

抱卵していました。
水槽内でどんどん増えるというミナミヌマエビ。
増えるということに魅力を感じてお迎えしたものの
さあ、これから小型美魚を探しにいくぞ!
というときに抱卵すると嬉しいような心配なような…
複雑な感じです。

これは最近よく見る、スネールが大量に水槽からはい出してくる夢と
何か関係があるのかな〜などとアホなことまで考えてしまいました。

とりあえず、稚エビが吸い込まれないように
給水パイプ側ストレーナーの中にスポンジを
突っ込んでおきました。
(レイアウトの都合上スポンジフィルターが使えませんでした。)
増えてほしいけど、
あんまり増えないでね…。

そういえば、
エビの食害にあっていると思っていたクリプト。
どうやらエビがかじるのは溶けてきた部分だけのようで
溶けて無い部分は興味が無いようです。
ああ、愛しのクリプト…。
こんなに葉っぱがとけてみすぼらしい姿になっちまって…。
c0095824_233373.jpg

エビたちは目立つ食害を引き起こして無いので
水草にとって危険は無いと思います。
でも、心配なので2日に1度コリタブをあげよう。

換水:無し
pH:6.5
亜硝酸:未検出
エビ:後ろ足で器用に卵に水を送っています。
   その間もツマツマするのね。
[PR]
by atiocubic | 2006-12-02 23:05 | 生体
オトシン餌付けの件
まだまだレイアウト迷走中の我が家の水槽。
そこにやってきたエビちゃん達とオトシン。
5匹エビちゃん達は水合わせに
大失態をさらしてしまったものの
全員元気にたまに脱皮をしながら
水草の新芽をかじっています。
c0095824_21464467.jpg

でもう一匹のタンクメイト
コケがないと生きていけないオトシン。
憂慮していた彼(彼女)の餌問題が
何となく解決しそうなのでここでまとめてみます。
c0095824_21471821.jpg

これまでに与えた餌

1.昆布
2.定番のきゅうり
3.コリタブ(テトラのヤツ)
4.小松菜
5.ほうれんそう

コリタブ以外はすべて茹でてから
割り箸にビニタイで縛り付けて
サクションカップ?(吸盤にホースクリップがついたやつです)
にはさんでオトシンが好きなポイントにぶら下げておきました。

基本的にこれらを何種ずつか水槽にぶら下げておいて
モフモフしている姿を観測されたものを残してみました。

コリタブは底にしずめてもダメ、ぶら下げてもダメでした。
ひかりのプレコタブで餌付けに成功されている方も
いるみたいなので個人差でしょうか?

きゅうりと小松菜、ほうれんそうは一応食べました。
しかしながら大変なことにすべて2日間で溶けたり
白いもやもやしたものがでてきて
準備に手間がかかることと、水質を悪化させる
ことからはずしていきました。

で、残ったのが昆布。
c0095824_21474284.jpg

さすが海草なだけあって茹でて柔らかくなっても
溶けたりもやもやがでたりしません!
水槽に入れて2〜3日後くらいから本格的に
モフモフしているので、表面はそれぐらいで
溶けはじめるのかもしれません。
はじめはコッソリでしたが今は堂々とモフモフして
お腹も凹んでいるようには感じられません。
レイアウト水槽に昆布…。
凄く微妙ですが昆布をメインにこれから他の
魚を入れるときに別の人工餌もためしてみて
一番私にもオトシンにも都合が良いものを
選ぼうと思います。
c0095824_214837.jpg

またコンブはヒーターの近くに置いておくと
とっても芳醇な磯の香りが楽しめます…。

換水:無し
ph:未測定
亜硝酸:未検出
ミズミミズ:少し減った、プラナリア発見!
[PR]
by atiocubic | 2006-11-27 21:49 | 生体
新たなるタンクメイト っていうか君はいつからいたんだよ!
注)今回は美しくない画像だけです!

オトシンとエビちゃんたちをお迎えして
10日程たちました。
2〜3日置きの水換え毎に亜硝酸を
測定しているのですが一向に検出されず
なかなか新たなタンクメイトを入れられずにいます。

このやるせなさを振払うため
レイアウトについて再考してみたり
水草図鑑で勉強してみたり
皆様のブログをワクワクしながら読ませて頂いたり
色々とやっている内に我が家の水槽に大変なお客様が…。
c0095824_22135670.jpg

ミズミミズでしょうか?
(グロかったらすみません。)

こいつら初めは溶けり枯れたりした水草の
表面部分が漂っているものと思っていましたが
良く見ると、うねうね、にょろにょろしています。

とても…、気持ちが悪いです…。

ミズミミズは水質悪化のサインになる。
などといわれているのでよ〜く考えてみると
生体数が少ない、そして餌といえば…

コンブだ!小松菜だ!きゅうりだ!
きっとこの3点が水槽内のバランスを
崩しているのだと思います。
後は濾過が追い付いていないことでしょうか。

立ち上げてからまだ1月程度なので
メンテの必要も無いと思っていた
フィルターが汚れているのでしょうか?

まだ大丈夫だと思ったホースをみてみると
c0095824_2215132.jpg

(重ね重ね汚い画像申し訳ありません(汗…))
なんだかんだ汚れているようです。

しかし、まだ水も出来上がっていないと思われるだけに
下手にフィルター等掃除しようものなら
さらに水が出来上がるのが遅れそうなので
換水を多めにするか、昆布をとりだすか
フィルターを掃除するか、何か対策を
とらないとおさまりそうにありません。
取りあえず1/3換水を毎日にしてみます。
コンブはオトシンと私との絆なので
あまり取り出したくはありませんが
量を減らしてみるか昼間は撤去するか…。
ミズミミズ働き者なのは分かったから
できれば見えない所へ帰っておくれ。

換水:1/3
ph:未測定
亜硝酸:未検出
オトシン:昆布昼間はとりだしといて良いかい?
[PR]
by atiocubic | 2006-11-24 22:18 | 生体